顔汗対策グッズを携帯して対策

女性なので、顔汗により化粧崩れが激しいときがあります。
特に夏場は顔汗がダラダラで、あまりに汗をかきすぎて恥ずかしいと思うこともしばしば。

顔汗

タオルで汗を拭いても止まらないので、なるべく髪の毛が顔にかからないように前髪まであげたり、携帯ファン(扇風機)をいつでも持ち歩くなどの対策をしています。

この記事では私が利用している全ての顔汗対策グッズを紹介していきますので、同じく顔汗で悩まれている人は参考にして頂ければと思います。

メイクは水ありファンデ

メイクは水ありファンデを使用しています。ファンデのスポンジに水を含ませ、そのスポンジで専用のファンデを顔につけます。

パウダーファンデーション

そうすることで仕上がりがマットになり、化粧崩れに強くなります。なので汗をたくさんかく日は水ありファンデで決まり。

セザンヌなどのブランドで安く手に入るので、気軽に試せますよ。化粧直しはルースパウダーで行い、厚くならないように注意して下さい。

冷感グッズも持ち歩く

また、タオルよりもハンカチの方が細かな汗も吸収してくれるので何枚も持ち歩いています。水につけて軽く絞って首元を冷やすと顔汗も多少収まり、一時的にですが涼しくなります。

常に冷たいヒエヒエタオルなども市販で売っているので、それも効果的です。首元、脇を冷やすと体感温度も下がり、顔汗も減るので、そうしたグッズは必須と思っておいて良いでしょう。。

顔汗が止まらないと余計ジメジメしキリがないときもありますが、男女かかわらず、自分でタオル、ハンカチ、ヒエヒエグッズを日頃から準備しておき、バッチリ対策できると恥ずかしい思いをしなくても済みますよ。

酷い顔汗対策で行ったこと3つ。

私は夏でも冬でも顔汗が酷くて困っていた時期があります。そんな時にはネットで調べたり、友達に聞いたりして、3つの対策を実行しました。

①水分摂取量を調整!

一つ目は水分を過剰摂取しないことです。言うまでもなく、汗の原因は水分です。取らな過ぎても危険でしょうが、ガブガブ水分を取ることを止めると若干ですが、顔汗は治まったように感じました。

水分

毛穴の引き締め!

二つ目は一日一回冷水で毛穴や汗腺を引き締める行為をしたことです。他人の顔を観察してみると、毛穴が大きい人とほとんど見えない人がいます。やはり、毛穴や汗腺は小さい方が顔汗が少ないという観察もできたので、毎日の冷水洗顔を行っていました。今を思えば、冷水洗顔は体温や顔に流れる血液も冷やすので顔汗対策になっていたのかもしれません。

毛穴の引き締め

刺激物を取らない!

そして最後の三つ目は、タバコ、辛いもの、コーヒーなどの刺激物の摂取を止めたことです。これらの製品は興奮させる効果があるので、発汗に繋がる可能性があったために、行ってみることにしました。タバコを止めることは厳しかったですが、コーヒーや香辛料はすぐに止めることができました。今を思うと、タバコとコーヒーをセットにして嗜んでいたのですが、顔汗には良くなかったと思っています。

刺激物

3つの対策後の結果はいかに!?

さて、これら3つのことを半年ほど行ってみた結果、顔汗は明らかに減ってきている気がしています。気がつけば、ハンカチがびしょ濡れということがなくなったからです。皆さんも、顔汗が止まらない!と困っているならば是非、上の3つの対策を実行してみてください。

舞妓さん由来の「半側発汗」で顔汗を止めています

私はコリン性じんましんというアレルギーを持っています。これは、発汗による刺激で発症してしまうじんましんなので、夏場など、顔に汗をかいてしまうとかなり悲惨なことになります。どうにかできないものかと考えていた時に、以前テレビで観たことを思い出しました。京都の猛暑の中でも、着物姿の舞妓さんが汗をかかないのは、「半側発汗」という身体のメカニズムを応用しているかららしいのです。

舞妓さん

これは正しくは「皮膚圧半側発汗反射」と呼ばれるそうで、身体の片側を圧迫すると、反対側だけが発汗するという反射作用のことです。

やり方

やり方は割と簡単です。まず、柔らかいヒモを用意します。薄いタオルを半分に折り、それをグルグル巻いてヒモ状にしてもいいですし、ストッキングでも代用できます。また、最近は専用のバンドも発売されています。そのヒモを、脇の下くらいの胸周りにぐるりと巻いて圧迫します。これだけで顔や脇の下の汗が止まります。

舞妓さんは帯で同様の効果を得ているそうです。「舞妓の高帯」と言われる所以です。脇の下に「大包」というツボがありますが、このツボを指などで押すのも同じ効果を得られます。

舞妓さん

ただし汗の量自体を減らせるわけではないので、脇から下は大量に汗をかいてしまったりします。また、あまり長く締めていると、当然ですが具合が悪くなってしまいます。発汗は人間の身体にとって必要なことなので、どうしても汗を引かせたい時などに、5分程度を目安にして行うようにしたほうが無難です。

私はこのやり方を始めてから、随分と助かっています。メイク崩れなどはある程度対策ができますが、じんましんが出てしまったら、人目が気になるどころではなくなるからです。お腹や脚には湿疹が出てしまいますが、顔に出ないだけでも十分です。

顔の汗で髪の毛までがビショビショになるのです。

私は下半身には汗をかきにくい体質で、上半身にのみ発汗する器官が大量にあるんではないかと思うほど上半身にだけ汗をかきます。(ちなみに元々代謝は良い方です。)

ただ、上半身ばかり汗をかくと言っても、よく聞く手汗に関しはほとんど経験が有りません。その分が顔、頭、首筋、胸元、背中、お腹、といった辺りに出てきているように思います。

そして、汗の出始めは【鼻の頭】。そこから放射線状に少しづつ体積を増やしながら、どんどん全身に広がっていきます。

運動した後なんかは、最終的に髪の毛が汗で頭皮に張り付いているし、顔は洗い立てのように濡れています。そして、上のTシャツが絞れるほどに汗を吸ったころにようやく下半身にも汗をかきはじめます。

こんな汗だくの女性には近付きたくないどころか、見たくはないですよね。そして汗を吸った服は一度乾きます。そしてもう一度汗をかくととんでもない悪臭が放たれるのです。

私がやっている対策

なので私はシャワーを浴びることが出来ない場合には夏場であれば、タオルを水でビショビショにして全身を拭きます。そしてそのビショビショになったタオルは除けて、きれいに乾いたTシャツを着用します。これなら着替えとタオルだけで、女子トイレでもあれば出来ます。

それ以外にも汗に絡む準備は、よほど寝過ごしたりしない限りはして出掛けます。朝はきちんとシャワーを浴びて、きちんと体を拭いてから、汗の匂いを抑えるBAN汗ブロックロールオンを脇の下、お腹、背中、胸の周り、首筋、二の腕、足の裏までは塗ります。

そして同時に服ですね。服を着る少し前にハンガーにかけてエージープラス パウダースプレーをかけ、乾いてから服を着ます。後、顔はメイクで崩れにくい、落ちにくい、滲みにくい、この三点がコスメティックの基本です。そして髪にはほんのり石鹸の香のするパウダーを振ります。

そして最後に、靴です。毎朝服にかけているものと同じパウダースプレーを靴の中にかけています。そしてそれが乾くまでは靴を履くことは出来ません。

乾ききる前に履いてしまうと汗をかいた時に大変な匂いになるのです。まるで一旦乾いた汗を香水のように振りかけているようなかんじです。ですから時間がないときはドライヤーで乾かします。それでようやく出勤の準備が整うのです。大分時間かけてますね・・・笑

顔汗がひどくて失恋しちゃった話

以前から顔汗がひどくて困っている私。
ちょっと暑いなと思うと、まず顔から汗が出てきます。

それが大量で、拭っても拭っても出てくるため、メイクはすぐに落ちていくし、汗臭いしで嫌になってしまいます。

メイクって、仕事をしているとなかなか直せる時間が取れないんですよね。
それに、休憩時間の度にメイクを塗り直すのでは、勿体なくてハイブランドの化粧品なんてとても使えません。

本当はもっと綺麗にしていたいのに、仕方なく安物の化粧品を使うしかない状態なんです。
また、最近すごく感じているのが、顔汗をかいているのが女性と男性とでは、世間の見方が違うということ。

男性が顔汗を拭っていると、大変そうと心配される率が高いのに対して、女性では不清潔に思われがちなようです。

周囲が誰も汗をかいていない中、私が顔汗を拭っていると、他人から嫌な顔を向けられることが多々あります。

こういうとき、顔汗がひどいって辛いなと思います。
一番悲しかったのが、中途採用で入ってきた会社の社員に、好みの男性を見つけたときです。

最初に挨拶したときは、向こうの対応もいい感じだったので、進展するといいなと淡い期待を抱いていました。

そして2度目に会う機会が訪れたのは、歓迎会。

大衆居酒屋で、人が密集している中、私は暑くて暑くて、顔汗を抑えられませんでした。
だからいつものようにこそこそタオルで拭っていると、暫くして隣に彼が移動してきてくれたんです。

嬉しくてドキドキが止まらない私。

しかし、彼は一瞬私を見るとすごく驚いた顔をして、急によそよそしくなり、すぐにまた席を移動していってしまいました

きっと私の素っぴんに衝撃を受けたんでしょうね。
顔汗がひどいって損だと心底思いました。