刺激物

酷い顔汗対策で行ったこと3つ。

私は夏でも冬でも顔汗が酷くて困っていた時期があります。そんな時にはネットで調べたり、友達に聞いたりして、3つの対策を実行しました。

①水分摂取量を調整!

一つ目は水分を過剰摂取しないことです。言うまでもなく、汗の原因は水分です。取らな過ぎても危険でしょうが、ガブガブ水分を取ることを止めると若干ですが、顔汗は治まったように感じました。

水分

毛穴の引き締め!

二つ目は一日一回冷水で毛穴や汗腺を引き締める行為をしたことです。他人の顔を観察してみると、毛穴が大きい人とほとんど見えない人がいます。やはり、毛穴や汗腺は小さい方が顔汗が少ないという観察もできたので、毎日の冷水洗顔を行っていました。今を思えば、冷水洗顔は体温や顔に流れる血液も冷やすので顔汗対策になっていたのかもしれません。

毛穴の引き締め

刺激物を取らない!

そして最後の三つ目は、タバコ、辛いもの、コーヒーなどの刺激物の摂取を止めたことです。これらの製品は興奮させる効果があるので、発汗に繋がる可能性があったために、行ってみることにしました。タバコを止めることは厳しかったですが、コーヒーや香辛料はすぐに止めることができました。今を思うと、タバコとコーヒーをセットにして嗜んでいたのですが、顔汗には良くなかったと思っています。

刺激物

3つの対策後の結果はいかに!?

さて、これら3つのことを半年ほど行ってみた結果、顔汗は明らかに減ってきている気がしています。気がつけば、ハンカチがびしょ濡れということがなくなったからです。皆さんも、顔汗が止まらない!と困っているならば是非、上の3つの対策を実行してみてください。